2012年04月23日

楽天ランキング1位★全国納豆鑑評会受賞店本当の大粒はこれ!昔ながらの大粒納豆100g【雑誌掲載】【神奈川県産】【楽天ランキング入賞】【2012母の日ギフトプレゼントにも】【鎌倉名産特産お土産】【ご当地】

楽天ランキング1位★全国納豆鑑評会受賞店本当の大粒はこれ!昔ながらの大粒納豆100g【雑誌掲載】【神奈川県産】【楽天ランキング入賞】【2012母の日ギフトプレゼントにも】【鎌倉名産特産お土産】【ご当地】楽天ランキング1位★全国納豆鑑評会受賞店本当の大粒はこれ!昔ながらの大粒納豆100g【雑誌掲載】【神奈川県産】【楽天ランキング入賞】【2012母の日ギフトプレゼントにも】【鎌倉名産特産お土産】【ご当地】
¥158円(税込)送料別 カード利用可
オススメ度:★★★★

ご注文の前に必ずご確認ください ※送料無料セットと同梱で、送料が無料! 大粒納豆 使用大豆 宮城県産シロメ大豆(大粒)100%使用(遺伝子組換えでない) 内容量 100g トレータイプ たれ なし からし からし、食塩、酒精、うこん色素、酸味料、ビタミンC、香辛料 保存方法 10℃以下 賞味期限 冷蔵:製造日を含め10日間 冷凍:製造日を含め2ヶ月間 tvで紹介,雑誌で紹介【鎌倉名産特産お土産】2012母の日,納豆の日,国産,パック,父の日,美味しい納豆は鎌倉山納豆で!神奈川県産 納豆はお惣菜として日本が誇る伝統和食でありご当地産地直送和風料理です。納豆のお取り寄せグルメ,雑誌掲載,雑誌紹介,ギフト,プレゼント,納豆キナーゼ,ナットウキナーゼ,納豆菌,楽天ランキング入賞,お試し,お土産,通販,包装対応,のし対応,ラッピング対応,メッセージカード対応,配送日指定,のし無料,包装無料,ラッピング無料,メッセージカード無料,結婚祝い,結婚記念日,出産祝い,誕生日祝い,内祝い・お返し,内祝い・お返し,快気祝い,ありがとう&お礼,引越し祝い,新築祝い,開店祝い,入園祝い、入学祝い,昇進祝い、退職祝い,お見舞い,元気を出して!,仏事、弔事,是非老舗当店で。当店の大粒は、正真正銘の『大粒』です! たまにスーパーなどで、当店にとっては中粒としか思えないような納豆が、大粒と表示されて売られていると、ちょっとがっかりします。 ですから、発売開始から何十年も経っているのに、コアな大粒ファンの間で熱烈に支持し続けてくれてます。 また、昔は「たれ」なんてものは添付してなかったので、その伝統がこの商品に受け継がれてます。 つまり、からしのみの添付で、たれはありません。 お好みの具材を薬味や調味料としてお試し頂ければ、新たな発見ができるかもしれませんね♪ あるいは、納豆チャーハンなどのように、具材としても利用し易いかと思います。 ※納豆料理ー納豆チャーハン 納豆レシピ 材料:ご飯250g、大粒納豆1パック、ネギ適量、卵1個、塩、コショウ、サラダ油、酒、醤油 1.納豆はからしと塩を入れて少しだけかき混ぜる。 2.サラダ油適量を熱したフライパンにといた卵を入れる。 3.卵が半熟状態になったらご飯を入れてパラリとほぐれるまで炒めたら、塩・コショウ・酒少々とネギを入れ、鍋肌から醤油適量を入れる。 4.最後に納豆を加えて軽く炒める。 ※納豆に火が通りすぎると食感が無くなってしまうので、お皿に移すちょっと前に納豆を入れてください。 大粒納豆は、宮城県産シロメ大豆を100%使用してます。 全国的にも有名な穀倉地帯でとれたシロメ大豆は、大粒で非常に粒のそろった見た目のりっぱな大豆で、形・味の両面からの評価が高く、煮豆や豆菓子として使用されるほどです。 納豆にするには、醗酵温度帯が他の大豆に比べると狭く、洗練された技術と経験を要します。 この大豆本来の滋味溢れる旨みとやさしい甘みを壊すことなく、大豆の中に閉じ込めたまま納豆に仕上げました。 小粒の「スズマル大豆」と比較した下の写真で一目瞭然ですが、小粒系の納豆に慣れてるお客様だと、一粒一粒がとても大きいことに驚かれます。 これは、高品質大豆の中でもさらに色・形が厳選された上物だけを使用して、一つ一つ丁寧に仕上げてるからです。 均一に上質な納豆を仕上げること・・・ それは、原材料の調達から製法にいたるまで、決して手を抜かないことが秘訣です。 下の写真のように、大豆の上には、まるで白い粉をまんべんなく振りかけたかのようになってます。 これは納豆菌の菌膜で、大変上手に醗酵した状態の納豆です。 良い醗酵は、ネバリある糸引きと美味しさを引き出す必須条件です。 お客様に最高の納豆を提供するため、職人達は技術と経験の研鑚の日々を怠りません。 右の写真は、醗酵して納豆になった大粒系大豆の裁断面です。 よ〜く見ると、中心部だけ口紅色になって周囲の色と異なってます。 この中心部は熱は通ってますが、醗酵してません。 つまり、外側は醗酵して納豆になっており、中心部は煮豆状態なのです。 これが、納豆にしても「煮豆のような」大豆本来の味わいと、ふっくら感が得られる大きなポイントです。 ギリギリの境目で煮豆状態を保ちつつも納豆に仕上げる技術は大変難しく、当店自慢の匠の技術の1つです。
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by obmsq at 13:00 | TrackBack(0) | 神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。